就活ガイド

現在の検索条件

JOB SEARCH

  • 職種

  • 業種

  • 勤務地

  • 分野

  • こだわり条件

  • 雇用形態

  • フリーワード

    ※対象は仕事内容と会社名になります

    {{e}}

  • この条件の求人数

    {{jobCount}}

この条件の求人数

{{jobCount}}

SKILLS 就活ガイド

様々な場面で活躍できる建築士

建築士資格には1級・2級・木造があり、2級建築士は一般的な戸建住宅の規模、1級建築士であれば日本国内のどの様な規模の建物でも設計・監理を行うことができます。建築士でないとできないもの(独占業務)があるため、業界における需要は高く、「なりたい」を叶えるなら、「建築士」はなくてはならない資格であると言えます。

建築物の設計及び工事監理
建築主から依頼を受け、その目的やイメージに合う建築物を考え、図面としてまとめることを「設計」といい、図面通りにきちんと工事が行われているかをチェック・確認することを「工事監理」といいます。※詳しくはこちら⇒建築設計の仕事とは?

建築主に対する重要事項説明
設計・工事監理契約の締結前に、あらかじめ管理建築士やその他の当該建築士事務所に所属する建築士が、建築主に対して、書面を交付して説明を行うことが義務づけられています。

建築に関する法令又は条例に基づく手続きの代理
建築主がしなければならない、役所への計画書の届け出等の手続きを代行します。

建築工事契約に関する事務
工事をするにあたって契約の締結に立ち会ったり、建築主に代わって各種手続きを行います。

建築工事の指導監督
工事現場の工程、コスト、安全などを管理し、指示通りに施工がなされているかを指導監督します。

建築物に関する調査又は鑑定
建築物の老朽度や耐用年数、耐震性などを調査し、鑑定します。

 

資格取得が会社でのあなたの評価UPにつながる!

理由その1:経営事項審査

公共事業の入札に参加する建設業者が必ず受けなければならない審査。有資格者1人あたりの点数(1級建築士:5点 2級建築士:2点)が、そのまま企業の技術力評価につながります。

理由その2:監理技術者

施工現場の技術水準を確保すべく配置を義務づけられた技術者のこと。1級建築士は、建築一式工事等の監理技術者、2級建築士は主任技術者になることができます。

理由その3:管理建築士

建築士事務所の業務のうち、建物の設計など、技術的な事項を統括する建築士のこと。
法律で建築士事務所には専任の管理建築士を置くことが義務付けられています。

資格取得で一気に勝ち組に!「資格者」になることで未来が確かに広がります。

 

建築士「受験生応援キャンペーン」実施中!

一覧へ戻る